はやぶさに乗って

みなさん、こんにちわ。

一日、一日、だんだんと朝の冷え込みを感じるようになりました。

いかがお過ごしでしょうか。

私は、はやぶさに乗って、神社へお参りに行きました。

久しぶりに遠くの神社への参拝で、わくわくしました。

新幹線のはやぶさに乗るのは初めてです。

とってもかっこいいですね。去年観に行ったジョジョ展の絵を

思い出しました。

はやぶさに乗って、青森に行ってきました。

本州で最北端の有名な神社に参拝してきました。

岩木山神社です。

弘前市の南東麓にそびえたち、昔から、

「お岩木さま」と呼ばれ、農漁業の守護神として、

親しまれてきました。

参道の奥にそびえたつのが岩木山です。

肉眼ではしっかりと頂を目にすることが出来たのですが、

写真を撮るとなかなか難しいですね。

お山自体を神様として祀られており、

足を踏み入れた瞬間から、

とってもすがすがしい気分に包まれていました。

水に関連した神社でもあり、そこのご神水を頂くと、

第三の目が活性化されるそうです。

ぼんのくぼ、アモンと言う経穴、を刺激するのも

よいそうです。(首の付け根です。)

私は、空のペットボトルを持って行き、持って帰りました。

第三の目を活性化するとどんな良いことがあるのでしょうね。

私達鍼灸師は、医者のように診断が出来ないので、

四診合参(シシンガッサン)と言う分析方法で、患者さんを

施術していきます。

望(み)て、聴いて、においをかいで、感じて、

実際、身体に触れて、尋ねて、それらを総合して、

判断し、より最適な経穴(いわゆるツボ)に鍼をします。

鍼灸師は、患者さんに、現代医学に言い換えた、ある程度の知識を

お伝えするのは大前提です。東洋医学的な施術においては、

一番大事なことは、施術者の直感や感覚だと思っています。

第三の目、直観力はそういう理由で鍼灸師に必要かもしれません。

偏った考えに偏らないように。

色々な環境に触れて、柔軟な対応が出来るようにしたいと

常日頃感じています。

岩木山神社にお参りすることが出来て、

とても感慨深い気持ちになりました。

近くに足湯もあります。

疲れたら、足元から温めて、ゆっくりこの場所を

過ごすのもよいかもしれませんね。

また、青森のお話をちょっとずつしていこうと思います。

明日も星を見上げて深呼吸できますように。

浜園

 

関連記事

  1. 3月です

  2. インタビュー その2

  3. 西表島