アレルギーについて

皆さん、こんにちわ。

だいぶ気温が暖かくなりました。

花粉の勢いもすさまじいですね。

対策はとっていますか?

私は、花粉症歴8年目です。

だいぶ年季の入ったアレルギー人間です。

もともと鼻炎を持っているのでいつ発症しても

おかしくない体質でした。

ある一定の許容範囲を超えれば

花粉症になっていたと思います。

花粉症になったきっかけですか?

今でも鮮明に覚えています。

2011年の地震の影響で花粉症を発症しました。

当時、私は虎ノ門で働いていました。

地震を経験し、その足で、6時間かけて自宅まで

歩いて帰りました。たったそれだけで花粉症になるの?

特殊じゃない?あなただけでしょう?

そう感じますよね。

アレルギーは、もともと体質的な問題もあります。

なので、私の体質的な割合は大きいです。

東洋医学的に考えると、アレルギーを発症する要因は、

免疫力の低下と考えられています。

七情と言って、怒ったり、喜んだり、驚いたりすることでも、

身体は敏感に反応し、免疫力が下がります。

また、大きなストレス、過労などでも、免疫力は低下します。

おそらく、自分が花粉症になった原因は、

今まで感じたことのない恐怖に襲われ、

6時間寒い中歩き続けたことの疲れ、

排気ガスの多い道路を歩くことによって呼吸器が

汚れてしまったのではないか。

色んな要因が重なって花粉症になったのでしょう。

免疫力が低下しアレルギーを発症したのだと思います。

疲労、感情の変化、体力の消耗など、たったそれだけでも、

身体に影響を及ぼします。

アレルギーにかかわらず、ぎっくり腰、寝違いなど

自分自身の弱いところに症状が出てきます。

一度、生活習慣を見直すチャンスでもあります。

花粉症をやわらげるために。

免疫力をあげるには?

これから、ヒントをお伝えします。

3つあります。

1つは、食べ過ぎないこと。

冷たい物、糖分の過剰摂取、高カロリーの物を

食べ過ぎないことです。

消化などにエネルギーを消耗してしまい、

免疫力を上げるエネルギーが後回しになってしまうからです。

2つ目は、冷やさないこと。

冷えることで、血流が悪くなり、栄養もうまく

身体全体にいきわたりにくくなります。

老廃物もうまく代謝できないため、

疲れをため込みやすくなります。

免疫力を上げるためにも身体を温めましょう。

最後にしっかり睡眠をとることです。

睡眠をとることが一番の薬です。

精神的な疲れや、肉体的な疲れを寝ている間に

取り除いていきます。

スマホもいいけど、睡眠もね。

昨日より、5分早くお布団に入ることを目指していきましょう。

出来るだけ。出来るだけ。出来るところから、

続けていきましょう。

身体は、3か月くらいで変化を感じます。

それを、短いと感じるか、長いと感じるかはそれぞれです。

続けられること。続けていけることを見つけていきましょう。

私も、花粉症の悪化を防いでいきたいと思います。

まずは、過食を抑える。

睡眠をとります。

明日も、梅の花を見つけられますように。

浜園

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 国立新美術館

  2. ワタリウム美術館

  3. 南へ