テレビのご案内

こんにちわ。

本日は、テレビのご案内をします。

1月23日(水)19時30分~

NHK 「ガッテン!」

「はり治療」

が放送予定です。

お時間のある方はぜひご覧ください。

ここ最近テレビでも話題になっている東洋医学。

気になっているけどやっぱりどこか、なんだかなぁ。

怖いなぁ。でも、受けたいなぁ。そんな方に必見だと思います。

テレビで放映されていることがすべて。

ではないかもしれませんが、一般的な概念を知る上ではよい機会だと思います。

はりや、おきゅうについて少しでも身近に感じて頂ければ

うれしいなぁと感じます。

私は、10代の頃から、はり・きゅうに興味がありました。

しかしながら、やっぱり、ちょっと、不可思議で。

怖いというイメージが当然ぬぐえず、

なかなか受けるタイミングがありませんでした。

20代に初めて、意を決して、はりを受ける体験をしました。

その時は、えらく緊張していて、腰にはりをしても、

辛さが取り除けた感覚はまったくなかった気がします。

とにかく痛くて、ひびいて・・。

こっ、こっ、これがっ、東洋医学というものか!

と誰にも相談できず治療院をあとにした思い出があります。

当時は、他の治療院で受けた比較対象がなかったため、

はりイコール痛い、ひびく。と言うイメージに切り替わっていました。

はり治療を受けた翌日は、めまいがして、吐き気がして、

ぐるぐる世界が回って、調子がまったくよくありませんでした。

しかしながら、ここでも、はりとは、うむ。こういうものである。

と言う思い込みによって、自分の快・不快の感情をどこかで

押し殺していた気がします。不調を取り除くのに、こんなに体力を使うのか・・。

なんだか残念な、寂しい気持ちでいっぱいでした。

ですが、多くの人は、はりが気持ちいいと言っている。

やっぱり、はりには、痛くないはりもあるんじゃないか?

一縷の希望を求めて新しい治療院に挑戦しました。

そこで、私が鍼灸師を目指そうというきっかけとなったわけです。

続きが聴きたいですか?もう、お腹いっぱいですか?

なぜ私が鍼灸師を目指そうと思ったのか?!

それは、「ガッテン」をご覧になってからの

おまけとして来週お伝えしようと思います。

お腹いっぱいっておっしゃらないでくださいね。

はりが素晴らしいと思ったからこそこの道を歩んでいます。

色んな疑問が「ガッテン」と言う情報番組によって

少しでも解決出来たらいいなぁと個人的に願っています。

明日も皆さんにとってわくわくが訪れますように。

浜園

関連記事

  1. インタビュー

  2. 経絡治療学会夏期大学

  3. 陣馬山