ヒカリエ

こんにちわ。

9月に入り、少しお天気が落ち着いたかと思いきや、

今度は台風の到来です。

皆さん、お身体いかがでしょうか。

先日、私は、渋谷に行きました。

沖縄県民栄誉賞を受賞した歌手の展示会へ行きました。

ちょうど、彼女のデビュー、ブレイクと同じくらいに10代を過ごしたので、

彼女の存在や、歌声に励まされたり、共感したり、

それはそれは非常に大きな影響を受けました。

彼女は、ブレイクして間もなく、引退について考えながら仕事をしていた。

とおっしゃっていました。

そのために逆算しながらお仕事をしていたことに

私は、彼女の偉大さや責任感の強さを再認識せざるを得ませんでした。

鍼灸の道を25年歩み続けたら、名人の部類に位置するでしょう。

30年、40年、鍼灸の道を進むのは、珍しくありません。

引退は、自分で決めるものであって、この職業は、死ぬまで

ずっと生業にできる仕事だと思っています。

25年後は、どんな自分を描きますか。

毎日何を鍛錬して、1か月後には何を習得して。

3年後、5年後、10年後は自分はどうなりたいのか。

いいえ、どうなっているのか。

それをいつも頭にふまえて、業をなすこと。

考え出すと、いーっとなりそうですが、

「一番、それが、理想の鍼灸師としての近道であり。

有意義な毎日の過ごし方であるんだよ。」と、

彼女が、最後に教えてくれたメッセージのような気がしました。

自分の在り方を見つめ直すことは、時に苦しかったり、

面倒だったりします。

ただ、立ち止まって、考えることも大事なことかもしれません。

なまけていた自分の襟元を正された気がしました。

25年間、第一線を走り続けていた、体力、精神力に

私は頭が上がりません。

プロとしての確固たる姿勢がうかがえます。

私も、彼女を見習って、しなやかな軸のある

かっこいい鍼灸師を目指します。

まずは、毎朝の腹筋から始めようと思います。

有言実行。

頑張ります。

 

 

 

 

関連記事

  1. 10周年☆彡

  2. ほおずき千成り市

  3. 千駄木団子坂 開店祝い お花たち