中立な人

みなさん、こんにちわ。

先週末は、夏日でしたね。とても良いお散歩日和でした。

打って変わって、明日は、真冬並みの寒さだそうです。

お身体をくれぐれも無理なさらないでくださいませ。

前回、人見知りのお話をしました。

そちらとちょっと似てるかもしれないお話をしたいと思います。

新しい世界に飛び込むときに、

何をポイントにしたらよいのでしょう?

悩んだことはありませんか?

私は、鍼灸の世界に飛び込むときにすごく悩みました。

鍼灸の知り合いがまったくいませんでした。

そもそもそれほど鍼を受けて来ていませんでした、

受けるのも得意ではありませんでした。

ちょっとした不信感もあったかもしれません。

まったくの未知の世界でした。

不安と恐怖が募るばかり。

どんな先生がいらっしゃるかもまったく。

先生方が何を話すのか、何が、本当なのか、まったく知りませんでした。

鍼灸の学校に入ることになって、いまさら、治療を受けなきゃと

考えた時に、たまたま、お会いした先生に教えてもらった言葉に救われました。

「中立な人を見つけなさい。」

と、教えてもらいました。

ああ、なるほどと。

その一言で、私は、大事な先生や先輩や仲間や後輩と

知り合うことが出来ました。

今もこの時期が来ると、その先生の一言を思い出します。

鍼灸施術には、色んなアプローチで、患者様の生活の質を上げていきます。

例えば、お灸だけで施術する先生や、刺さない鍼で施術する先生、

手先、足先のみで施術する先生、、、

数えたらきりのないくらい、いろいろな施術方法で、患者様の辛さを和らげていきます。

そのような施術がたくさんあって色んな先生がたくさんいらっしゃいます。

中には、あの施術は、よくない。あの施術は効かない。

あの施術は意味がない。など、批判する方もいらっしゃる先生もいるかもしれません。

そういう先生ではない先生を、仲間を、見つければ、

おのずと答えが見つかってくるんじゃないですか?と教えて頂きました。

鍼灸の世界に限らず、「中立な人」って、大事かもしれません。

どんなことでも、どんな人でも受け入れて、認めていく事は、

大切なことです。もし、新年度が始まって、新しい世界に飛び込もうと

されている方がいらっしゃったら、「中立な人」とご縁を見つけられることを

応援します。

思いは、行動や、将来の自分像につながると思っています。

慣れない新生活で大変かもしれませんが、

きっと1か月過ぎれば身体もなじんでくるでしょう。

無理せず、たっぷり睡眠をとりましょう。

今夜も楽しい夢がみられますように。

 

浜園

関連記事

  1. 平成ありがとうございました。

  2. 土用の丑の日

  3. ワタリウム美術館