”刺さない”鍼?!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。新橋店の山口です。秋がどんどん深まってきていますが、朝晩の冷えにやられていませんか?

僕はしっかりと洗礼を受けまして、先日風邪をひきました。6日の朝に起きてみるとぼ~~~としてしまいまして、計ってみたら37.7℃。平熱が35℃台の僕には十分すぎる熱でした。

鍼灸師ですからもちろん薬など飲まず、自分で鍼と灸をして(背中の灸は妻にお願いしましたが)その日の夜には平熱になっていました。鍼灸すごい・・・・。

さて、指圧・マッサージの患者様に症状によっては鍼をお勧めすることがありますが、お勧めした時によく言われるのが「鍼は刺すし痛いからいやだなぁ」です。

それじゃぁです。刺さないで痛くない鍼があったら、体験してみたいと思いませんか?

そう思った方。ぜひ、ご体験ください私、山口は刺さない鍼のひとつ鍉鍼(ていしん)による治療を行うことができます。最初の画像の右から金・銀・銅製の鍉鍼ですが、ご覧の通り先が丸いです。

ね!これなら絶対刺さらないし、痛くなさそうでしょ?

お灸とセットで治療を行いますが、刺す鍼と同等か症状によってはそれ以上の効果を期待できます。

実例の一つとして、僕はこれを使って数日間動けなくなるほどの生理痛や片頭痛に悩まされていた妻に治療を行い、症状の改善に成功しています。(改善であり、完治ではありません。念のため)

刺しませんから小さなお子様の治療も行えます。関西では「小児鍼」として広く知られていて、疳の虫や夜尿症、食欲不振、下痢や便秘、発育不良などお子様のあらゆる症状にも、鍼が実に有効なのです。

もし、お困りの親御さんがいらっしゃいましたらご相談ください。お子様への施術時間は10~20分程度です。

効果のほどはぜひ、体験してくださいませ♪

ご指名おまちしております★

関連記事

  1. 土用の丑の日

  2. 柿食えば‥

  3. 冷房にご注意を。