夏至

6/21は昼と夜が同じ長さになる夏至です。

日本では春から梅雨を経て本格的な夏になります。関東では丁度、夏至の前後に梅雨入りすることが多いです。この時期は湿度が高く、気温が安定しないため、体内にも「湿」が滞りすく、身体の重もダルさが目立ちます。「湿」による不調は五臓(肝心脾肺腎)のうち消化・吸収、水分代謝等と関係する「脾=胃腸の働き」の低下を招きます。

この時季の服装は吸湿性・通気性が良く、開放感のあるものを選びましょう。食事に関しては、よく噛み、温かい物を食べて身体を温めるように心がけましょう。胃腸の働きを良くする食材に 生姜・葱・しそ・梅など。水分代謝を良くする利尿作用のある トウモロコシ・豆類(小豆、空豆、枝豆) などを食べると良いでしょう。

茹でたてのトウモロコシや枝豆はビールのお供に持って来いの美味しさですが、健康にも良く食べ合わせもバッチリなんですね…今夜は さっそく アツアツの茹でたて いただきましょう!!

関連記事

  1. うがいの仕方・・・なのだ

  2. 後でやろうも明日やろうも・・・

  3. 戸隠神社へ