大洗に行ってきました

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは!新橋店の山口です。

表題の通り、茨城県は大洗に行ってきました。

鹿島スタジアムにほど近いところに妻の実家がありまして、お邪魔したときは那珂湊港でカキを食べたり、大洗の水族館や海岸で遊ぶのが毎回の楽しみの一つになっています。

今回の画像は水族館のあと、娘が「海で遊びたい!」と言い出しまして、急遽海岸に降り立った時の画像です。残念ながら波が高すぎたのとお盆を過ぎていったのでクラゲが怖くて、砂浜で遊んだだけでした。

画像でもお分かりの通り、大洗はかなり波が荒く、高くなることでも有名でサーフィンのメッカでもあります。実際、10人くらいのサーファーが確認できました。あれって乗って立つだけでもそうとう難しいらしいですね。いつか挑戦したいと思います。

さて、大洗付近といえばお隣の鹿島市の鹿島神宮を筆頭に寺社仏閣が多数あります。その理由として「大洗海岸」はその波の荒さから昔は「大荒海岸」と書いたと、地元の方に聞きました。

漁師さんなども含め海難事故の多さから荒魂を鎮めるため、供養のために多くなったそうです。海は生命の母ですが、こういった一面も持っているわけですね。

穏やかさと荒々しさは表裏一体とも言えます。東洋医学を学ぶとこういうことにもなんとなく自然の摂理を感じてしまいます。

こういう体験もきっと治療に生きていくでしょう。人だって海から生まれたんですから、そういう意味でも生かしていければいいと思います。

関連記事

  1. 夏バテしていませんか?

  2. 土用の丑の日

  3. 千駄木団子坂 開店祝い お花たち