奈良

朝が冷え込む季節となりました。

皆さん、お身体いかがでしょうか。

先日、私は、奈良へ行きました。

春日大社と言う神社にお参りをしてきました。

全国の春日神社の総大社です。

朝、8時くらいに参拝をしました。

ちょうど雨上がりで、少し霧がかかっていましたが、

それが逆に、神秘的な空間に包まれ、

心も身体も洗われるような気持になりました。

朝のお参りをして、大祓祝詞を一緒にあげました。

実際の神主の方の祝詞を聞いたことがなかったので、

とても貴重な体験をしました。

皆さんは、ご自分の産土神社(うぶずなじんじゃ)をご存知でしょうか?

産土神社とは、お母さんのお腹の中にいた時期から

生まれた時の地域の一番近くに鎮座する神社になります。

生まれる前から亡くなった後まで、その人をずっと見守ってくれる

神様です。

私の産土神社は、春日神社でした。

お宮参りをした神社が産土神社になります。

「今でも、これからも、ずっと、産土神社をお参りすると、

そこにいらっしゃる神様が、大歓迎をしてくれて、

さらに強いきずなが生まれるよ。」と

友人から教えてもらいました。

そのため、春日神社の総大社に思いをはせるようになりました。

念願かなってお参りが出来ました。

そのせいあってか、とても気持ちが穏やかにな状態が続いています。

朝早起きした得なのかもしれませんね。

皆さんの産土神社はどのような神社でしょうか?

ご自分のルーツを知ることは、

ご自分を大切にすることにもつながります。

秋の夜長にご自分の守護してくれる神社をお調べするのも

よいかもしれませんね。

ちなみに、春日大社の神の使いは、鹿です。

人間に慣れた鹿が、たくさんたくさん歓迎してくれました。

鹿の鳴き声は、カモメの鳴き声に似ていました。

どうぞお体をお大事になさってください。

浜園

 

関連記事

  1. はやぶさに乗って

  2. うがいの仕方・・・なのだ

  3. 2/5は・・・