平成ありがとうございました。

こんにちわ。

今年も残りわずかとなりました。

いかがお過ごしでしょうか。

忘年会で、楽しいひと時を過ごしたり、

日々のご自宅の安全に感謝して大掃除をしている方も

たくさんいらっしゃると思います。

みなさんは、今年を振り返るということはされますか。

こんなことに挑戦した。

あんなことが出来なかった。

もう少し頑張ればよかった・・・。

人は、どうしても、出来なかったり、失敗したことが

印象に残り、マイナスな評価をしてしまいがちです。

それは、生きる上で、次に失敗しないように、リスクを回避するために、

マイナスの出来事はどうしても、記憶に残りやすいです。

人間として正常な反応です。

また、エネルギーの世界では、

マイナスのエネルギーは、プラスのエネルギーよりも

強い要素を持っているため、人は、マイナスな感情に惹かれやすく、

気持ちもマイナスな感情を持ちやすいそうです。

ちょい悪に惹かれるのはそういう理由なのだと思います。

不良がかっこよく見えたり。

こってりの食べ物をおいしく感じたり。

はい、これは、正常な反応です。

自分は、負のスパイラルに取りつかれている・・って落胆しないでください。

正常な状態です。

ただ、その中に、ひっそりと隠れている良かったことを

見つけ出す練習をしてみてはいかがでしょうか。

毎日そこそこ元氣に通勤出来た。

ご飯を美味しく感じることが出来た。

うまく、おはよう、ありがとう、ごめんなさい。って言えた。

お休みの日に出かけることが出来た。

あの映画を見た。

美味しい物を食べることが出来た。

あの人とたくさん話せた。

そんな些細な事?当たり前のこと?

はい、それが、実は、重要で、大事なことです。

そんな日常の些細なこと、でも、きっとほっとすることを

思い出すだけで、不思議と気持ちが穏やかになりませんか。

そういう加点方式で一年を振り返ってみてはいかがでしょうか。

新しい年が明けるのを機会に、これからためしてみませんか。

東洋医学に、「心身一如」シンシンイチジョと言う考え方があります。

心と身体はつながっています。

気分が落ち込むと体調がすぐれない。

元気いっぱいだと、明るく過ごすことが出来る。

思い当たることがありませんか。

マイナスの感情や、否定的な感情を思い描くのは、

日本人は得意のまきです。

だからこそ平成最後に気持ちの変換をやってみましょう。

たくさん、たくさん、ほめてください。

今年一年、いやいや、平成の時代、僕は、私は、よく頑張ったなぁ~。

えらいよなぁ。すごいよなぁ。ほれぼれしちゃうよなぁ。

褒められていやな気持になる人はいません。

いつも自分をほめて、助けて、いたわってあげてください。

鍼灸を受けると、身体が素直な状態に戻っていきます。

気持ちも素直な状態に戻っていきます。

喜怒哀楽。どれが欠けてもよくありません。

どれが過ぎてもよくありません。

バランスが大事です。

やじろうべえのように、傾いたら、また元に戻る。

よろよろするけど、きっと元にもどる。

軸がしなやかになる。

そういうお身体と心になっていくようにご自身で変化を感じてみませんか。

素直な感情を持つことは、

健やかな身体になる近道です。

ちょっとした良いことを毎日振り返ること。

これから、さらに豊かな毎日を過ごしていけるでしょう。

私もみなさんと一緒にそういう身体を目指します。

今年一年、元氣計画を応援してくださいまして

本当にありがとうございます。

来年もさらに皆様のお身体と心のサポートを

させて頂く所存であります。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

どうぞよいお年を。

Hey! Say! ありがとう!!

浜園

 

関連記事

  1. わっしょい

  2. 千駄木団子坂 開店祝い お花たち

  3. 柿食えば‥