歌を上手に歌おう ~その2~

新橋院の山口です。前回の続きをいきますね。

「どうしたら正しく聞けるようになるのか?」

答えは簡単です。正しい音を聞くのです。

石を投げたくなる気持ちをちょっとだけこらえていただき、質問に答えてください。

「正しい音を発しているとされている楽器はなんですか?」

答えは・・・・・「ピアノ」です。

世界中すべての西洋楽器の音程はすべて、ピアノに合わせて音程調整されています。

なので、正しい音を聞いて覚えるにはピアノの音を聞くことが大切です。ピアノがない方はネット上にあるピアノアプリとかでもいいですよ。

鍵盤の白いところや黒も交えてひとつずつ、順に上がったり下がったり毎日3分でいいので聞きましょう。最初のうちは音程の間隔を開けないようにしてくださいね。

これをしていくうちに耳が「正しい音を覚えて」いきます。

そして音を覚えるのは耳だけじゃないんですよ。喉でもありませんけどw

一体なにが覚えるのでしょうか?

次回に続くので、答えを考えてみてください。

ヒント:「音ってなんだろう?」

では、また次回。

関連記事

  1. 奈良

  2. はり・きゅうの作用について

  3. 世界アースデイ2019