秋バテについて

皆さん、こんにちわ。

朝、晩がすっかり秋の季節に感じてきたのは、

私だけでしょうか?

気温でこんなにも快適さを感じるなんて。

ありがたいですね。

今日ラジオで、あなたが感じるかっこいいとは、

何ですか?と言う質問で、お便りを募っていました。

容姿やしぐさじゃないってことですよね。

たとえば、さりげなく席を譲るとか。

辛い時こそ笑顔でいる、とか。

リスナーが感じる、かっこいいを読み上げていました。

私が感じるかっこいいは、

自分が辛い時に、気づいてないふりをしつつ、

そっとフォローしてくれるあなたの優しさですかねっ。

私もかっこよさを求めていきたいと思います!

先日、新宿のカルチャーセンターへ行きました。

漢方のお話を聴きに行きました。

お話して下さる先生は、私の大先輩でもあり、

理想の鍼灸師でもあります。

先生は、薬剤師の免許もお持ちなので、

漢方のお話や、養生、ここでは、口にする

食べ物のお話などを、身近なたとえを示しながら、

分かりやすく説明してくださいました。

テーマは、夏の養生。だったのですが、

この1週間で、めっきり秋の日和に変化したので、

急遽、レポートを作り変えたとおっしゃっていました。

かっこいい・・・。

そういう臨機応変な対応って素敵だなぁと感じます。

通り一片的なお仕事をしていたら、こんな

はからいはしないでしょう。かっこいいなぁ、もぅ!

今!に即した講義を、ホット!な講義をしてくださる

先生との時間は、大変有意義な時間でした。

秋バテって言うのもあるんですね。

夏に頑張っていた身体が、季節の変化にまだ

ついていけず、その結果、自律神経が乱れて、

秋にもだるさや、疲れが残ることを

秋バテと言うそうです。

秋バテに最適な漢方や、食べ物のお話の中で、

まず一番大事なことは、睡眠。だそうです。

私も、感じています。

睡眠をしっかりとってほしいなぁと思います。

これは、秋バテに限らず。

一番の薬。

一番快適な身体を目指すならば、

睡眠をとることです。

先生は、睡眠をとれば、秋バテの8割は、解消する。

と断言していました。

ただし、条件があります。

22時に床につき、

それを、3日間続けること。

どっひゃーですね。

小学生ならばなんともない条件です。

あ、ですが、今の小学生は、寝る時間は、

もっと遅いのかもしれませんね。

ましてや、働いて、帰ってきて、

食事して、お風呂に入って、ちょっとゆっくりして、

なんてことしていたら、あっという間に24時を

過ぎていますよね。

22時は難しくても、24時前には、お布団に

つけることが望ましいそうです。

百聞は一見に如かず。

私は、その日から、22時睡眠・・・嘘です、

23時睡眠を実践しています。

ああ、なるほど、そうかぁ。

身体が変化していくのが分かります。

眠れなくても、テレビやスマホを断ち切って、

電気を消してゴロゴロするのをお薦めします。

どんなに色んなお薦め法があったとしても、

どれも効果が出るまで続けなければいきません。

たった一回で効果が出る方が、ちょっと危険かもしれまん。

最低でも、3日は続けることをお薦めします。

その間に、自分の身体の中で何が起こっているか。

自分の身体に目を向けて。

感じていく事こそが、最大の秘訣なんだろうと思います。

この涼しい季節を利用して、

身体を休めることをチャレンジしてみませんか?

どんな風に身体が変化したか、教えてくださいね。

明日も、小さなやさしさに、

触れることが出来ますように。

浜園

 

 

関連記事

  1. 戸隠神社へ

  2. 歌を上手に歌おう ~その2~

  3. 平成ありがとうございました。