経絡治療学会夏期大学

みなさん、こんにちは。新橋院、主任の山口です。

去る8/18~20の三日間、お休みをいただきまして

「第61回 経絡治療学会夏期大学」

なるものに出席してきました。

毎年有明医療大学で行われるこの通称夏期大には、全国から約400名の経絡治療家が集まる大イベントです。

僕は三回目の参加になりますが、毎年たくさんのモノを得る大変有意義な機会でして、今年もご多分にもれずたくさん吸収したり縁をつないできたりしました。

当然ですが鍼灸の勉強イベントなので、三日間朝9時から夕方5時までみっちりと勉強や実技の見学・指導をやります。

僕は実技大好きなのでこういうのは全くと言ってもいいほど苦になりません。むしろ楽しすぎてあっという間に時間が過ぎますし、終わってから疲れをドッと感じるのが毎回のルーティンです。

夏期大でなにげに一番つらいのは通勤ラッシュ時間に有明までいくことです(苦笑)普段の通勤はラッシュ後なので、余計にしんどく感じますし、毎日これで通勤されてる方々がそれだけで疲労するのがよくわかります。みなさん、大変お疲れ様です。

さて、夕方までキッチリとお勉強の後はもちろん、お楽しみ会が待っています。初日と最終日の後は親睦を深めるために、飲んで話してきました。初日は特に全国の先生方と縁を繋いでいただき、将来の種を撒いてきました。

最終日は元クラスメートや後輩たちと親睦を深めるための飲み会でしたが、ここでも新しい動きが出てきそうです。これはこれで楽しみですね!

写真は楽しい仲間たちとのモノですが、みんないい顔してますよね。きっと彼らとは一生の付き合いになるでしょう。

夏期大で学んできたことをしっかりと練習して、皆さんが少しでも楽になっていただけるようこれからも精進していきますので、よろしくお願いいたします。

では。

関連記事

  1. 歌を上手に歌おう ~その2~

  2. 2019年1月

  3. 風邪予防しましょう