考える時間

7みなさん、こんにちわ。

緊急事態宣言が、東京も解除になりました。

今までいかがお過ごしでしたでか。

ご自宅での生活を基盤に、お仕事したり、ストレス解消を

なさっていたことでしょう。本当にお疲れさまでした。

皆さんのご理解やご協力のおかげで、解除が早まったのは言うまでもありません。

長かったですか?短かったですか?早すぎますか?遅すぎますか?

私は、医療従事者と言う立場のため、自宅待機ではなく、毎日通勤して治療院に通っていました。

そのため、世の中の動きと言うか、人の動きを肌で感じる時間が強くありました。

先週の金曜日あたりから、なんとなく歩いている人々の気持ちの色が、

明るい雰囲気を感じる様になり、それと共に、電車などの交通機関に出会う

人の数が増えている気がしました。

お休みしていた飲食店や百貨店、小売業などの再開のニュースを

伺うたびに、気持ちが少しホッとするのは、私だけでしょうか。

ホッとするのと同時に、次の対策も考えることが大事なのかな、と

強く感じています。気持ちは、まだ引き締めて。引き締めて。

人間は、環境に慣れるのに、大体3か月かかると言われています。

身体の変化も大体3か月。赤血球の寿命が120日なので、厳密にいうと、4か月です。

4か月で、その人自身の変化を確実に自覚するでしょう。

はりきゅう、マッサージも3か月、4か月で、身体の変化をしっかり感じると思います。

そのように、考えていくと、この自粛期間、3月、4月、5月の半ば強で、皆さんは、

今までの生活をなんらかの形で変えていたわけです。変化を感じていましたね。

すぐに順応出来る人。4か月以上かかる人。個人差は当然あります。

疲れる人。むしろ、今の生活の方が生き生きしている人。

様々いらっしゃると思います。

私は、皆さんが、どんな生活をしてきたかとても興味があります。

どんな人でも、一度は考えたことがあるでしょう。

自粛期間中に、「考えたこと」

これから先の、生活について。これから先の仕事について。これから先の娯楽について。

これから先の人との接し方について。今も大事だけど、これからのこと・・・。

どんな些細なことでも、「考える」ことをしませんでしたか?

私は、毎日考えました。

通勤することで、もしかしたら、ウィルスをばらまく側にいるのではないのか?

この買い物をインターネットですることで、運送業の方に迷惑がかかるのではないのか?

もともと性格が内向的なので、いろんなことを考えます。

ただ、リスク回避するためには、大事な人間の心理でもあります。

考えすぎは、あまりよくないですが、考えること自体は悪くありません。

自宅にいると、パソコンの前にいる時間が増えたり。

テレビのワイドショーを観たり。家族と話す機会が増えたり。

いろいろ何かを考えませんか?そして、それから、工夫をしませんでしたか?

見方を変えていきませんでしたか?改善しませんでしたか?

人間の素晴らしいところは、工夫するところです。柔軟な対応が出来るところです。

便利な世の中になればなるほど、人間は、どんどん退化します。

電車や車が進化することで、人間は歩かなくなります。

筋肉が衰えます。スマホやPCのおかげで、字を書かなくなり、

咄嗟に漢字が出てこなくなります。字もきれいに書けなくなります。

グーグル先生がいるおかげで、物忘れがひどくなることもあるでしょう。

科学が発展することは、大変喜ばしいことです。

しかしながら、残念なことに、人間は、それらに甘んじて、衰えていきます。

五感も鈍くなり、筋肉も後退してけがをしやすくなるかもしれません。

それって、ちょっぴり残念と言うか、悲しい出来事じゃありませんか?

何歳になっても人間は変わることが出来ます。今回の自粛期間の中で、

考える時間が増え、考える力がついたと感じることはありませんか?

生きてる感じを実感しませんでしたか?

情報に振り回されることはやめよう。自分で、有効に過ごす時間を使おう。

お酒は1杯までにしよう。日中は、密になるから、朝早起きして、散歩しよう。

色々工夫して、考えて、時には、思いやりを持って行動したりしませんでしたか?

私は、この考えることが、これから大事なんじゃないかなと感じています。

人任せ。は、楽です。ですが、自分の身体や心は自分でコントロールした方が楽です。

もっと言うと、自分で考えることは、自分を大切にするということにつながりますから。

世界規模で大変なことにはなりましたが、人間の本質的な部分に目を覚ましなさい。

と言うお知らせでもあったのではないかなと思っています。

今までと同じような生活は、出来ないかもしれません。

だからこそ、今よりもさらによりよく過ごすために、どうしようか、

と考える力を鍛えるにはよいのではないのかなと感じています。

私は、鍼灸師になる前に整体の学校に3年間通っていました。

ここで、培ったものが、今も生かされています。

その学校の先生が、この度、めでたく本を出版しました。

とっても明るいニュースです。今日はそんな明るいニュースをお話したかったのです。

前置き長すぎですね。すみません。

こんなご時世だからこそ、嬉しいニュースでした。

先生の授業もまさしく、考える授業でした。

イメージする力と言いかえてもよいかもしれません。

先生は、ダンサーです。私もちょっぴりダンスをします。

だから、先生の授業も、ちょっとの余談も存分に楽しく、心に残る授業ばかりでした。

ダンサーの患者さんも多く、彼らに考える時間を与えることもあります。

まずは、自分の身体をイメージできますか?

ボディマッピングと言います。それが、うまくイメージできることで、

身体の使い方、動かし方を、痛みなく、効率よく動かせることが出来ます。

ダンスで怪我なく、ダイナミックに身体で表現することが出来るようになります。

その結果、仕事でも、生活でもパフォーマンスの向上が図れるようになります。

そのような内容がてんこ盛りに書かれている本です。

「頭の骨、頭蓋骨は、横長である。」縦長ではない?!えー?!ってなりますよね。

私は、ガツンと衝撃を受けました。まずは、解剖学的な、骨と筋肉の構造をイメージする事。

私たちは、視覚に惑わされて生きている場面が多々あります。

本当のことをしっかり、見て、感じる。イメージする。ことが大事です。

そうすることで、姿勢やバランスのとり方が変わってきます。

生活の仕方がぐんと変わります。

治療院にわざわざ来院しなくても、もしかしたら、この本を

読み込むことで、いつもの辛い疲れや不調が取り除けるかもしれません。

浮いたお金で、映画を観たり。美味しい物を食べたり。誰かに贈り物出来るかもしれません。

自分で自分のかじ取りが出来るきっかけになる本です。

ぜひともお薦めの一冊です。考える力も備わる読み物だと思います。

身体の外に意識を向けがちな昨今です。スマホ、テレビ、PCに振り回されることがあるかもしれません。

身体の内側に意識を向けると、いつもと違う見え方、感じ方を実感できると思います。

考えるトレーニングは、すればするほど上達すると思います。

これから先の、自分のこころとからだを一緒に考えていきませんか?

更に言うと、もっともっとご自身を大切にしてほしいなと、

私には、強く感じる自粛期間でした。

明日も笑顔で。

そして、小さなことでもご自身をほめていきましょう。

浜園 裕子

 

 

 

 

 

関連記事

  1. アイデアを練ってます

  2. Live For Drinkers 2019

  3. 吉祥寺へ