見えないものもみる

みなさん、こんにちわ。

だいぶ朝が、涼しくなりましたね。ちょっとだけ。

いかがお過ごしでしょうか。

涼しく過ごせるようになったからか、

コロナの生活に対応できる身になったからか、

ずぼらな自分が活動的になりました。少しだけ。

先日封切られた映画をわくわくしながら堪能してきました。

藤井道人監督の最新作です。

彼は、「新聞記者」の映画の監督でもあります。

大変興味深く、公開前から鼻息荒くして待ち望んでいました。

ファンタジーで、ヒューマニズムでもあり。

家族でも楽しむことが出来る映画です。

「見えないと思ったらそこで終わり」だし

「見ようと思えば色んなものが見える」

と言うようなニュアンスで、作品の中の役者さんがお話した

セリフがありました。このセリフにぐさっと刺さりました。

鍼でいうならばツボに効いた鍼を受けた感じとでも言いますか。

結局私達の世界は、見たいものだけを見ているし。

見たくないものは、無意識のうちに排除しているんだろうな。

と感じました。良い面でもあるし、そうでない面もあります。

鍼灸の世界も同じです。一人の患者さんを、こちら側の得意な

分野でしか見ようとしないことがあったり。勝手に症状を決めつけたり。

判断したりすることがあります。それは、プロとして間違いです。

一人の患者さんを、まっさらな状態で、先入観なしで、みていく。

これは、施術者の基本中の基本です。

時に忘れてしまうことがあることも嘘ではありません。

その初心の心得を思い出させてくれた映画でした。

まっさらな状態でみていき。そこから、見えないものをみていく力。

生き方。性格。環境。など。それら全部を加味して総合して

施術していくことが鍼灸の大事なポイントです。

映画の情景や、演者さんの一言に、ハッとして、

自分の生活や仕事のやり方などを省みることが多々あります。

私はそこに映画の醍醐味を感じています。

水族館のシーンは大変魅力的で、山形の水族館へ行きたくなりました。

心が温まり、大人になることで忘れかけていた思いに気づく映画でも

あります。お時間があればぜひ足をお運び下さい。

もう一度行きたい映画の一つです。

明日も、皆さんが笑顔で過ごせますように。

浜園 裕子

関連記事

  1. 口内炎にも鍼灸治療 その2

  2. 身体を動かそう!その4

  3. 8月です!