身体を動かそう!その2

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんわ。新橋院主任の山口です。
近いうちに簡単運動動画を撮ってYoutuberデビューでもしようかしら。。。と野望を抱きつつあります。

さて、前回に続いて体を動かそう!シリーズです。
前回に引き続き、下半身のを動かすのですが、下半身を動かすことを先にするにはきちんとした理由があります。

理由として・・・
人間が二足歩行になったことで、心臓の力だけではほかの動物に比べて血液が循環しにくい。
二足歩行による血液の循環力不足を下肢の筋肉の収縮で補っている。
上昇圧力は主にふくらはぎが担っている。

つまり、人間はふくらはぎを動かすと、全身の血流がよくなる仕組み!!
なのでまずは下半身を鍛えましょう!ってなるわけです。

では第二回目の今回は、みんな必ずやったことのある「屈伸」です。
実に単純ですが一応やり方です。

~屈伸運動~
踵と踵の間に握りこぶし一つ分くらい開けて立ちます。(足の向きが開きすぎないように!)
膝の皿に手を置きながらゆっくりとしゃがみます。
一番下までしゃがんだらゆっくりと膝のお皿を押しながら足を伸ばします。

屈伸運動のポイント
勢いをつけずに、お尻を踵に付けるつもりでしゃがみ込むこと。
伸ばしたら膝のお皿を押して、じっくりと膝裏を伸ばすこと。

しっかりしゃがみ込んで伸ばすことでふくらはぎの収縮が起きますし、膝裏を伸ばすストレッチになります。
この運動もできるなら勢いをつけず、ゆっくりと呼吸を止めないようにやってください。
10回x3セットもやれば十分です。(もちろんキツければ回数かセット数を減らしてOK!!)

なにかの待ち時間にできる運動なので、ちょっとした隙間に数回でもやってみてくださいね。

では、今日は以上です。
See you later!

関連記事

  1. 甲子園へ

  2. テレビのご案内

  3. ほおずき市ありがとうございました。