身体を動かそう!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんわ。新橋院主任の山口です。

家に閉じこもっていることが多いここ数カ月の週末ですが、まだまだ長期戦の構えを見せていますね。
初期のころは「若者は罹らないか、罹っても軽症」などと言われていましたが、最近になって死亡はしづらいものの、その症状はかなりキツイものだという報告が上がってきています。

そんな中、どうしても今まで以上に運動不足になりがちですよね。
この期間が長引くのであれば、ますますその傾向が強くなっていくのだと思われます。

ただ現状を後ろ向きに考えても仕方ないので、前向きに考えてみたいと思います。
どうせならこの期間は自宅での運動を習慣化するための期間と捉えてみませんか?

肩こり腰痛に限らず、現代人の身体異常症状の主原因としてあげられるのが、「運動不足」ですよね。
なので自宅でできる、お金も時間もかからない運動をお知らせしていこうかと思います。

第一回の今日はこれ。
「カカト、つま先上げ体操」
1.両足の踵をできるだけ持ち上げて、頂上まで行ったら下ろす。
2.両足のつま先をできるだけ挙げて、頂上まで行ったら下ろす。
☆片足ずつやると効果倍増です!自重で物足りない方はペットボトルなどで重さを追加してもいいですね!

~ポイント~
踵を上げる時は体重を親指に載せることを意識します。小指に載せないように!
呼吸を止めないようにして動かせる範囲で、できるだけゆっくりと上下させましょう!
10回3セットが基本として、厳しい人はもっと少なくしてもOK
筋肉が伸びたり縮んだりしているのを意識しましょう。

ふくらはぎを動かすと、全身の血流を促進します。
そうすることで心身の疲れの改善や廃用症候群の予防になります。

大切なのは回数をこなすことよりもどんな運動でもいいので毎日やることです!
3週間なにかしらの運動を続けていければ、それは習慣として脳に認識されるので、やらないと気持ち悪いと感じるそうです。
ここまでくればめっけもの!自分の心身の健康のために、まずは踵上げ体操からやってみませんか?

健康に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。
お電話、メールお待ちしてます♪

山口

関連記事

  1. 酉の市

  2. マスクの勘違い・・・なのだ

  3. 中立な人