マインドセットの罠

こんにちは。新橋院の山口です。前回に続いてマインドセットについてです。

前回の終わりのほうで「マインドセットの罠にはまっている」とお伝えしましたが、これはみんなが通る道だと思います。

すべての事において確実な未来を予見できる人は存在しません。

マインドセットとは「何かをしようとする時に参考にする、今までの経験則」であることが多いです。

失敗したことが多かった人は「失敗しないように」、成功したことが多い人は「成功するように」が基本マインドになります。

以前の僕もそうでしたが、前者の考え方をする方はいったん自分の思考をあっちに追いやってみましょう。

そして、成功してきた人の事を思い浮かべてください。

現在の成功者は成功だけしてきたのでしょうか?

当然ちがいますよね。

小さな失敗から大きな失敗までを繰り返して、失敗するリスクを少なくする方法をたくさん学び、それを生かした結果が成功なのです。

かの発明王エジソンは、電球を発明したときに記者から「失敗し続けることは怖くありませんでしたか?」と、質問されたそうです。

その質問に対して彼は言いました。

「私は失敗なんて一度もしていない。この方法では成功しないことを学んだだけだ」

ある人の視点(記者)からみれば「結果が出なかったこと=失敗」です。

でも、他の視点(エジソン)からみると「この方法では成功しなかった=成功への迷路の一つの突き当りにでた」だけのことなんです。

エジソンにとって失敗とは「諦めてしまうこと」だったのです。

どちらの考え方も出た結果に対して、自分の気持ちを率直に述べています。

だからどちらの意見も正解なのですが、どちらが自分の気持ちに響きますか?

あなたの心に響いたほうを自分の気持ちにセットすればれがマインドセットです。

自分が見ている景色を変えて新しい考え方をセットする=新しいマインドをセットし直すのは今すぐにでもできます。

マインド(意識)がセット(固定)されている=「個性なんだから変われない」んじゃありません。

何度でもセットしなおせることが可能なことを知って、セットしなおせばいいだけです。

自分がなりたい本当の自分って、どんな自分ですか?

次回は「それじゃぁどうやって変えるの?」って部分をお話できたらと思います。

関連記事

  1. 酉の市

  2. 娘氏やりました!!

  3. インタビュー その2