団子坂

文京区 根津神社の西口門の向かいから

大学病院の脇を入る細い道、通称 薮下通りを来ると「団子坂上」交差点に出る。

右手は、坂を下りて不忍通り千駄木駅。

左手は、坂を上って「大観音通り」、その先は本郷通りを越して白山駅。

この「団子坂上」交差点の脇に千駄木元氣計画治療院があります。

少年時代に読んだ夏目漱石の「三四郎」に「団子坂」の菊人形の話が出てきますが、

今の街並みからはその光景を想像する事はできないし、小説の舞台だなんて知る人も少ないだろう。

薮下通りを途中で1本裏の通りに入ると漱石が「猫」を書いた旧居跡があり、

薮下通り当院の向かい側は森鴎外の旧居「観潮楼」跡に建つ鴎外記念館があります。

漱石・鴎外が日々歩いた道を通りながら、今日も高齢者の訪問マッサージに向かいます。

関連記事

  1. 仕事納め

  2. 狸穴坂

  3. 江島杉山神社の例祭